インテリアとリラックス

インテリアを自分の落ち着く状態に整えるだけで、疲れて帰った時、休日をおうちでまったりすごしたい時、簡単にリラックスできると思います。
また、1日の大半を過ごす場所のインテリアは、気持ちにはもちろん、機能性を中心に見ると体にも影響を及ぼすと思います。
例えば自分はあまり好きになれない柄を使ってカーテンをしているとか自分の気に入らない色を使ったクッションカバーをしているとか、ずっと模様替えをせず、季節感もなく、変化に乏しい空間にいるとそれだけで気持ちもやや下向きになりそうです。
また、家具の角がでっぱっていて通るたび体にぶつけてしまう、などの要素が仮にあると安心してお部屋で過ごすことができません。
反対にコンセプトをあらかじめ決めておき、それに合わせたテイストから空間を作り、その中で自分の好みを反映させたインテリアは快適な気持ちで過ごせると思います。
また、インテリア家具など機能性を重視することで家の中のちょっとした怪我を減らすことができます。
インテリアは見た目はもちろん、安心して又リラックスして過ごすための鍵ですね。