隙間を利用する家具

最近では狭い隙間などを利用する家具もあり、かなり人気が出ています。
例えば隙間に入れられる本棚などもあります。本棚は大体は横方向に設置するものなのですが縦にして少しの隙間に入れてしまうのです。
ですので収納しているときには本は見えません。側面のボード部分が見えるだけです。
本が見えないように収納したいという方にも適しています。
またその他にも押入れの隙間を利用できる家具もあります。
押入れは二段になっており、下の部分を活用できる家具なのですが、本棚と同様に縦にして収納してしまうのです。
ですので側面には取っ手がついています。キャスターもついていますし、これを引き出すことによって引き出しや棚などが出せるようになっているのです。
押入れの下の部分に入れることを前提にしていますのでかなり高さは低くなっています。
隙間収納を利用することによって部屋を広々と使うことができます。しかも使いやすくなっているところがいいところなのです。
他にも押入れの上段の部分に設置できるハンガーラックなどもありますし、それも使い勝手がいいのでクローゼットのない部屋にはお奨めです。
無駄なスペースを持て余すことなく利用してみてください。